お金とか、雑記

給料日を迎えて一気にいろんな支払いをした。
正直今日はほっといたらめちゃくちゃ塞ぎ込みそうな気分だったが払い込みを終わらせるとすっきりした。
すこし前までは公共料金とか家賃とかカードの支払いとか憂鬱で仕方なかったし、なぜこんなことに金が必要なのか、本当に納得がいかなかったがいまは変わってきた。
金を払うことでわたしの生活を守るのだ。
安定、と思い浮かべる。
わたしがこれから進もうとしてる道にそんな言葉は釣り合わない。
労働生活はいつまで続けるのだろうか。


花屋を見るのが楽しい。
どんどん買っちゃいたくなるから怖い。
ハマるとそればっかりという性分だ。
ラナンキュラスをよく見かける。
紀伊國屋にあったもりっとしたつぼみのついた花がかわいかった。名前を忘れた。色もかわいいというよりちょっとダークなかんじでかっこよかった。
桃の花とか梅の木を買って部屋に飾りたい。


おんなの下着はフリフリばっかりで、下着屋にいくとフリフリとかわいいデザインに囲まれて怖い。
非常に窮屈だ。
もっとそうじゃないただの機能としての下着でよいのに。
ちょっと着心地がよくて着やすいやつ。

こないだユニクロでウロウロしてて、下着を見てたらこれでいいじゃんって思う形だった。
いまからユニクロで下着を買います。


砂肝

労働を終えて帰るとちゅう

ものすごくビールが飲みたくなった。

こないだ一人サイゼリヤ飲みデビューしたので

今日もいっちょやってやろうかと思った。が

帰るルートのちょうどいいところにサイゼリヤがなかったので

まっすぐ家に帰ることにした。

 

ビールを買うために近所のスーパーに寄った。

スーパーの陳列棚を見ていると青菜と肉を炒めたものが食べたくなったので

とりあえず青菜系をいくつか見比べた結果かき菜を手に取って肉コーナーへ直進。

自炊をほとんどしない今、肉を買うということ自体が非常にハードルが高い。

どうせすぐには食べきれないし、どうしよう…と肉売り場をじろじろ見てると

砂肝があった。ひとパック190円台。めちゃやすい。

調理したことないけどまあいっか、安いし。と手に取った。

そして第三のビールも一緒に購入。

 

帰宅し、

買ってきたはいいが、やっぱりレバーみたいに下処理いるのかな…

と急に不安になる。

クックパッドをひらくと、「下処理」とある。

やっぱいるのか…!しかもめんどくさそう…どうしよう

疲れてるので心はぽっきり折れる。

もうなにもかもやめてうなだれてみようか。

 

と思ったところでふとよぎる。

高山なおみさんの料理本。

肉のページがあったっけな…

感覚としては一年ぶりくらいにページをめくる。

砂肝あった。

下処理なんてことばはひとつもなく、

砂肝に敬意をこめた手さばきを感じる文章で

さっくりと調理してあった。

なーんだ、これでよかったのか、と肩のちからがすとんと落ちて

素直に調理した。

おいしくビールも飲めた。

 

ケムリが火災報知器に行ってしまったみたいで

警報が鳴ってびっくりしたけど。

 

パルプボックス

f:id:cnch:20160221014415j:plain

 

www.livingmotif.com

 

最近引っ越しをして、くらすことについていろいろ見直してる。

前は妹と同居していた。

だれかと一緒に暮らすことで助かることはたくさんあったが

どうしても共同の部分のモノの使い方や片付け方、置く場所がなあなあになってしまう。

こんどはひとりになったので、家のすみずみまで家を使いやすくしていきたいと思っている。

 

紙ゴミを入れる箱をさがしていて、今日たまたま、オリオンパピルスに立ち寄ったら売っていたこの箱。

紙を入れるだけにしては大げさなかんじもするので、収納に使えたらいいな。

かっこいい。

 

紙ゴミをどうやって溜めていけば捨てやすいか、気持ちがいいか

まだ答えはみつかっていない。

 

いまほしいもの

ポスタルコのバック

TRAVEL BAG HAMMER NYLON | POSTALCO

 f:id:cnch:20160221014206p:plain

いっぱい入りそうで、丈夫で長く使えるもの。

リュックもほしいなあ

 

本屋

本屋を見かけるとつい入ってしまうが

入ったとたんすぐ出たくなることがある。

 

尊敬する方々の本がずらりと並んでいて

それが目に入ると苦しくなる。

本という目に見えるかたちで結果を残している人たちに

「おまえはどうなんだ」と言われている気がして苦しくなる。

 

たまにそんな呪縛から解放されて

すらすらと見たいものを素直に見れるときもある。