お金とか、雑記

給料日を迎えて一気にいろんな支払いをした。
正直今日はほっといたらめちゃくちゃ塞ぎ込みそうな気分だったが払い込みを終わらせるとすっきりした。
すこし前までは公共料金とか家賃とかカードの支払いとか憂鬱で仕方なかったし、なぜこんなことに金が必要なのか、本当に納得がいかなかったがいまは変わってきた。
金を払うことでわたしの生活を守るのだ。
安定、と思い浮かべる。
わたしがこれから進もうとしてる道にそんな言葉は釣り合わない。
労働生活はいつまで続けるのだろうか。


花屋を見るのが楽しい。
どんどん買っちゃいたくなるから怖い。
ハマるとそればっかりという性分だ。
ラナンキュラスをよく見かける。
紀伊國屋にあったもりっとしたつぼみのついた花がかわいかった。名前を忘れた。色もかわいいというよりちょっとダークなかんじでかっこよかった。
桃の花とか梅の木を買って部屋に飾りたい。


おんなの下着はフリフリばっかりで、下着屋にいくとフリフリとかわいいデザインに囲まれて怖い。
非常に窮屈だ。
もっとそうじゃないただの機能としての下着でよいのに。
ちょっと着心地がよくて着やすいやつ。

こないだユニクロでウロウロしてて、下着を見てたらこれでいいじゃんって思う形だった。
いまからユニクロで下着を買います。